筋トレ

食生活と筋トレ方法!

 

自分は10代の頃から比較的文系で、体を使ったことが苦手だったのですが、二十歳を過ぎた頃から少しずつ体力の付けていかなければならないと考えていました。

 

地元にちょうど帰ってきた元プロボクサーと一緒に筋トレをしました。

 

その時の食生活内容を細かく説明していきたいと思います。

 

まずは 1日にやることを減らす。これは長く筋トレを続けることが一番大切なことなのでという概念からです。

 

1日1時間必ずやるという事は本当に難しいので。。

 

まず上半身、 特に腕を主に鍛えます。

 

これが第一。

 

では第二に腹部です。

 

これは腹筋と配筋を指します。

 

3日目、こちらは太ももとふくらはぎ。

 

この3箇所を1日目、2日目、3日目と分けていきます。

 

この3日に分けることで、初日にあった腕を2日目と、3日目を休ませることができます。

 

腹部も足も同様です。

 

筋肉をどんどん痛めつけるよりは、数日しっかり休んでしっかり運動する方が効果的と言うことも実証されています。

 

では、まず腕立て伏せがのですが、1回3セットこれをやります。

 

そして、回数なのですが、1セット目の一回目は自分の一番できる最高の回数、

 

例えば、最高が40回であれば、40回目やります。

 

2回目はおそらく40回はできないはずです。

 

でも、なるべく最高回数をこなしましょう。

 

3回目も同様です。例えば1回目が40回、2回目が30回、3回目が28回だとして、では腹部と足の筋トレが終わった次の日の腕立て伏せは、一回目は40回よりも大きく、2回目は30回よりも多く、3回目は28回よりも多く。

 

簡単に言うと、必ずどのセットも 前回より1回でも多くやることを心がけましょう 。

 

では次には、腹筋なのですが 腹筋は自分の好きな形でいいと思います。

 

個人差もありますし 自分が一番きつい中で出来る範囲でやりましょう。

 

腰の痛い方は 腰の負荷がかからない筋トレもあるので動画などを見て勉強して下さい。

 

あくまでデリケートな部分なので自分に合った方法を見つけて下さい。そして回数に関しては腕立て伏せと同様なので自分の最高を必ず目指しましょう。

 

そして、足の筋トレなのですが、走るときによく使う足の親指を意識します。

 

そこから背伸びをするように、そこの筋肉を重点的に体を上に持ち上げます。

 

それを3セットやります。

 

物足りなければ、寝そべって開脚をしてみたり有効な方法をしてください。

 

そして食べ物に関しては、鳥のササミ、牛肉ヒレ、豚肉もヒレ、魚全般、卵は 個人差があります。

 

キミの部分の食べ過ぎは気をつけてください。

 

そこに、エビ、イカ、タコなど ただこれを毎日するのはとても 大変なので 僕はプロテインがいいと思います。

 

プロテインバーだったり 楽な方法でとることが良いと思います。

 

結果的に続けることが一番大事になるので 上記の様に牛肉やヒレばっかりだとコストもかなりかかりますので。

 

そして基本的になるべく体を動かすようにしてください。

 

毎日の継続が大切です。

関連ページ

筋トレメニューはこれ!
筋トレしている方の筋トレ方法をご紹介します。
野球部だった方の筋トレメニュー!
野球部時代に筋トレをしていた方の筋トレメニューwご紹介します。